エヴェレスト 神々の山嶺2016/03/01

エヴェレスト 神々の山嶺
「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」 一ツ橋ホール(試写会)
山岳史の謎を追う野心家のカメラマン深町(岡田准一)は、カトマンズで古いカメラを発見する。そのフィルムを探すうちに、孤高の天才クライマー羽生(阿部寛)と出会う。羽生が命を懸け世界最高峰のエヴェレストに挑むことを知り、男の生き様に影響を受けていく…。
過酷な撮影を乗り越えて、完成したものだと思います。でも、羽生の恋人だった岸涼子(尾野真千子)が言うことが、安っぽいセリフに聞こえて、無理にロマンスを絡ませているように思いました。極限の世界に取りつかれた男たちの話が、ちょっと薄まってしまいます。原作を読んだ方が、もっと良い話なんじゃないかなぁ。岡田准一クンは男らしくてかっこいいのですが、映画は、長く感じてしまいました。臨場感はあるので、見ていて力が入ります。

★★★☆☆ 3-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック