オデッセイ2016/02/11

オデッセイ
「オデッセイ」 TOHOシネマズスカラ座
火星探査の最中に嵐に巻き込まれ、死亡したと推定されたマーク・ワトニー(マット・デイモン)を残して、クルーは火星を脱出。奇跡的に生きていたマークは、取り残されてしまう。次の探査機がやってくるまで、自分で水や食料、酸素をどうするか、科学知識を生かしてサバイバルしていく。
よくできていて、いかにもハリウッド映画という感じでした。予想よりも、ユーモアはたっぷりでした。緊迫感あふれるところもあり、ハラハラしました。
80年代音楽がポイントです。
監督はリドリー・スコット。船長役がジェシカ・チャステイン。美しいなぁ。
船長が残していった音楽をずっと聴いていて、まるで挿入歌のようになっています。
ドナ・サマーの“ホット・スタッフ”とか。ある年代以上はなつかしい音楽ばかり。そういえば「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」も昔のヒット曲が良かったですね。あっちは70年代でしたね。
さて「オデッセイ」もそんな音楽に彩られていたせいか、ゴールデングローブ賞ではコメディ/ミュージカル部門でノミネートされていました。えぇっ!リドリー・スコット監督作品がコメディ?ミュージカル?って疑問でしたけどね。映画見ても違うと思うけど、みごとに作品賞と主演男優賞を受賞したから、良かったのかな。
通信手段もなく、絶望的でたったひとりぼっち、命の危険を考えたら普通なら発狂しそうな世界ですが、明るく楽しく見させてもらいました。
でもさ、やっぱり頭が良い人じゃないと、サバイバルは難しいよね。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック