ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります2016/02/04


ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」 シネスイッチ銀座
ニューヨーク・ブルックリンのアパートメントの最上階5階に若い頃から暮らしている画家のアレックス(モーガン・フリーマン)と妻のルース(ダイアン・キートン)。眺めも日当たりも良く、気に入っているが、エレベーターがないため、年齢的に厳しくなってきている。家を売ることを検討し、内覧会を開くことにする。次々と内覧会の客がやってきて、自分達もエレベーターのあるアパートを内覧する。愛犬の病気や、近所でテロ騒動もあり、めまぐるしく決断を迫られる…。
ニューヨークの不動産事情や暮らしぶりがわかる映画でした。夫妻の部屋はとても素敵です。屋上もあって、プチ菜園を作っていたり、眺めも良かったです。乗り気な妻に対し、本当は部屋を売りたくないアレックス。現在の夫婦の話だけじゃなく、過去の思い出がよみがえります。愛着もあるし、夫婦の歴史がある部屋だとわかります。

モーガン・フリーマンとダイアン・キートンの若い頃を演じるのはこのお2人。出会いの時もあります。家族の反対もあったけど、2人でいろいろな困難を乗り越えてきたし、今でもラブラブという感じでした。
忘れてはいけないのは、愛犬ドロシーがすごい名演。病院で検査を受けたり、弱っているところとか、演技なんだろうなぁ。かわいかったです。
でも友人との食事会とか開いていて、早口で話しているところが多くて、ちょっとウトウトしてしまいました。自分が疲れていました。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック