竹光始末2016/02/02

竹光始末
「竹光始末」 藤沢 周平・著 新潮文庫
一家の糊口を凌ぐために刀を売り、竹光を腰に仕官の条件である上意討へと向う浪人『竹光始末』。口喧しい女房を尻目に、藩の危機を未然に防ぐ『恐妻の剣』他。全6編の短編集。
この時代の普通のお侍さんたちの、生活もなかなか大変です。仕官先を探しながらも、女房子どもを食べさせていくため、大切な剣を売らないとならないとか。現代にも通じるサラリーマンのようなところがある。重要な仕事を遂行しつつも、家に帰ると強い奥さんに虐げられる。
時代小説は、歴史に名を残すような人ばかりではなく、普通の武士とその家族たちがいて、その中でも苦労や喜びがあって、日々の生活があると思わせてくれました。短編なので、主人公の性格がわかってきたと思うと、終わってしまって、また違う人の話になってしまうのが、物足りなさを感じました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック