愛しき人生のつくりかた2016/02/01

愛しき人生のつくりかた
「愛しき人生のつくりかた」 Bunkamuraル・シネマ
3人の息子を育てあげ、夫に先立たれたマドレーヌ(アニー・コルディ)。夫の葬式後に、一人暮らしを心配した息子たちから、老人ホームに入れられてしまう。ホテルで夜勤のアルバイトを始めた孫のロマン(マチュー・シピノジ)は、しょっちゅう会いに来てくれるものの、マドレーヌは、ふと自分の人生を振り返り、黙ってパリから姿を消してしまう。
ロマンの父でマドレーヌの息子のミシェル(ミシェル・ブラン)は、定年退職し、熟年離婚の危機。祖母を心配したロマンは、少ないヒントから、祖母の生まれ故郷ノルマンディーへ捜しに行く…。
祖母、父、孫と3つの世代の話で、それはまさに人生を表しているような気がしました。出会いや恋愛などのういういしい若者、中年の夫婦の悩み、人生をふりかえる晩年。祖母のマドレーヌは魅力的です。孫のロマンはおばあちゃん子で、おばあちゃんにとっても優しくて、腕を組んで歩いたりします。親に対しても日本みたいにつっけんどんな態度をとらないです。1人で暮らすのが心配なら、息子夫婦の家に引き取るということはないのかなぁと、わりと広い家に見えたし、おばあちゃんは、ボケているわけじゃないし。ミシェルの奥さんは、ダンナさんを愛してはいるのだけど、突き放してしまうのとか、ところどころフランス式な考え方なのかなぁと思いました。
パリの街もノルマンディーの自然豊な風景も美しかったです。パリに行った時のことを思い出しました。墓地や郵便局行きました。行ったところとは違ったけど、雰囲気は共通していました。
監督は俳優でもあるジャン=ポール・ルーブ。ロマンの職場のホテルの主人役で出演もしています。フランスが好きな人におすすめです。オープニングとエンディングを含めて昔のフランス映画っぽいです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック