ダラス・バイヤーズクラブ2014/04/05

ダラス・バイヤーズクラブ
「ダラス・バイヤーズクラブ」 ヒューマントラスト有楽町
1985年、電気技師のロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)はHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。酒と女が好きなロンにとって青天の霹靂だった。治療薬について調べたり、メキシコで治療を受けた結果、病院で使う薬よりも、身体に負担がかからない薬があることを知る。外国で薬を集めてきて、会費を払うと薬をもらえる組織「「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立する。評判となっていくが、司法の手が迫ってくる。
難病のお涙ちょうだいものとは違って、ロンは悪態をつきながら、社会に立ち向かっていく力強い映画でした。
実話を基にしているので、ロンは実在の人物。まだエイズのことが、あまり理解されていない時代、偏見に屈せず、自分の生きる道を考え、それがやがて他の患者たちの助けにもなっていくのです。
もっと良い治療法があるのに、認可されてないからといって、みすみす命を縮めていることに、疑問を持ちます。自分の命なのに治療法を選べないなんてことがあるのだろうか。医者にまかせてなどいられないのです。
いろいろな方法で外国から薬を持ちこむ努力には頭がさがります。何度も没収されたりしていたようです。日本にも来ていたのが、驚きました。渋谷の交差点にいるシーンもありました。
アカデミー主演男優賞も納得です。ビジネスパートナーとなるゲイのレイヨン役のジャレット・レトも良かったです。助演男優賞を受賞してます。

★★★★☆ 4

コメント

_ りさ ― 2014/04/08 23:03

破天荒な生き方だけど、なんだかとても見終わったあとに
力が湧いてくるような映画でした。
主演男優、助演男優も納得です。

_ spice管理人 ― 2014/04/09 00:11

りささん
良い作品でしたねぇ。神父の恰好したり、医者のふりしたり、マシュー・マコノヒーのコスプレも楽しめます。大胆な行動や、ウィットに富んだ会話も魅力的です。アカデミー主演男優、助演男優とって良かったぁと思える作品でした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ 京の昼寝〜♪ - 2014/04/07 08:28



□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー
■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度 ★★★★...

_ 映画のブログ - 2014/04/12 18:26

 油断も隙もありゃしない。
 『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。
 難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。

 とんでもなかった。
 実話に材を取った本作は、学もなければ地位も金もない男が、社会を揺るがす映画だった。
 主人公は電気技師のロン・ウッドルーフ。堅気の仕事に就いてるものの、...

_ LIFE ‘O’ THE PARTY - 2014/04/19 12:33

今回はかなり内容に触れているのであらかじめご了承くださいまし

_ ここなつ映画レビュー - 2014/05/26 14:34

マシュー・マコノヒーが圧倒的な存在感で第86回アカデミー賞主演男優賞を獲得したこの作品であるが、賞獲得が決定する前に見た劇場予告編で既に鑑賞意欲は高まっていた。だから、ダメ〜な感じを最後まで貫いてのマシュー・マコノヒーかと思っていたら、そんな事は全然なくて、むしろ社会問題を提起するような作品。こちらの勝手だけれど、ダメ〜う〜んダメダメ〜(チャラいという意味ではないよ)、というのを期待していたのでその点は肩透かし。でも、アメリカのクスリ社会、医療、同性愛の問題点を、鋭くえぐった作品として観れば、たいした佳作である。ダラスの暑い乾いた雰囲気とあいまって。粗筋です。実話に基づいた作品。1985...

_ 笑う社会人の生活 - 2014/07/07 22:31

映画「ダラス・バイヤーズクラブ」を鑑賞しました。

1985年、電気工でロデオカウボーイのロンは、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。
アメリカに認可治療薬が少ないことを知り彼は代替薬を探し 本国へ密輸を試み国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤー...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2014/09/09 06:28




評判は聞いていたが、エイズ物ということで つい尻込みしてしまい、Blu-rayで。



エイズになってしまった主人公は、余命30日との宣告を受ける。
フツーだったら、そのまま落ち込んで、棺桶までまっしぐらに?

ところが主人公はロデオ乗り。
男の中の男、が売りで...