ウォルト・ディズニーの約束2014/04/01

ウォルト・ディズニーの約束
「ウォルト・ディズニーの約束」 TOHOシネマズシャンテ
ディズニー(トム・ハンクス)は「メリー・ポピンズ」の映画化の許可を求めて、原作者のパメラ・トラバース(エマ・トンプソン)にずっと打診していた。契約を結ぶ為にイギリスからハリウッドにやってきたトラバースは、映画製作者の提案や脚本をことごとく却下する。トラバースにとっては「メリー・ポピンズ」はとても大切な家族に関する物語で、幼い彼女と父親の思い出に基いている。頑ななトラバースにディズニーは、映画化実現に向けて、彼女の気持ちをくみ取り、誠意を持って対応する。
映画は55年前のオーストラリアで、幼いトラバースとその父(コリン・ファレル)との話が並行して語られる。美しい思い出の子ども時代だけど、失意に沈んでいく父親の側で、悲しい経験があったことが明らかになっていく…。
ウォルト・ディズニーよりもトラバースの物語が中心でした。映画の前半は、機嫌が悪く眉間にシワを寄せたエマ・トンプソンを見ていることになります。でも、どうしてそんなにこだわるのか、次第にわかってきます。
映画としては、良作だと思いますが、心揺さぶられる感動があるわけではないです。一番良かったのは滞在時の専属運転手になるラルフとの交流です。ポール・ジアマッティが良い味を出しています。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック