コーヒーをめぐる冒険2014/03/25

コーヒーをめぐる冒険
「コーヒーをめぐる冒険」 シアターイメージフォーラム
ベルリンに暮らす青年ニコ(トム・シリング)は、朝コーヒーを飲みそこね、ツイてない1日が始まる。ニコの行く先々で、クセのある人たちが次々と現れる…。
不運が続いていくのだけど、コメディのようにも感じます。
全編モノクロームの作品で、ベルリンの街が古めかしくも見えて、昔の映画を観ているような気になります。夜のシーンなんかは幻想的だし、ベルリンの街ってカッコイイな。おばあちゃんが1人出てくるのだけど、とってもチャーミングなんです。
ニコは親に内緒で大学を中退していて、決して誠実な人でもないようです。いわばモラトリアム人間で、大人の責任を引き受けるつもりもないし、今後どうしていこうとも考えてもいないようです。でもこういう気持ちや、時期は誰にでもあると思うし、微妙で複雑な心理を、ちょっとした表情で見せてくれて、共感できてしまうのです。言葉は少なめです。
原題は「Oh Boy」だったので、コーヒーをめぐる冒険とは違うのだけど、ニコは何度もコーヒーを飲みそこねるという話なんです。お酒は飲むけど、コーヒーにいつもありつけず、そこがおかしみを誘います。果たしてニコはコーヒーを飲めるんでしょうか。それは本編を観てくださいね。
モノクロ映像のせいか、ジム・ジャームッシュ監督をつい思い浮かべてしまうのだけど、似ているところがあります。不幸続きだけど、おかしいところはアキ・カウリスマキ監督っぽいです。
主人公は、若い頃のジャン=ピエール・レオーにも似ているし、ヌーベルヴァーグやジム・ジャームッシュが好きな人はハマると思います。私は大好きです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック