感染遊戯2014/03/20

感染遊戯
「感染遊戯」 誉田 哲也・著 光文社文庫
会社役員刺殺事件を追う姫川玲子は、ガンテツ(勝俣警部補)に、15年前の事件のことを聞く。官僚が被害者となる事件がいくつかおきていて、元刑事の倉田や姫川の部下だった葉山が、関わっていた。バラバラに見えた事件は、実は一つの繋がりがあった。
ストロベリーナイトの姫川玲子シリーズだけど、姫川は、時々出てくる程度で、ガンテツ、倉田、葉山が中心の短編集。でも短編集のふりをしながら、すべてが関連しているという作りになっています。最後の方になると、つながりがわかってきます。
他にも本編で姫川がとっていた行動の意味がわかったりして、本編を補うような内容にもなっています。最近スピンオフ小説って多いですが、楽しいです。
姫川の天敵ともいえるガンテツのことが、よくわかります。ライバルだけど、憎み合っているわけではなく、どちらも卓越した才能のある刑事であって、似ているところもあるのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック