獣の奏者 Ⅳ完結編2013/05/29


獣の奏者 Ⅳ完結編

「獣の奏者 Ⅳ完結編」 上橋 菜穂子・著 講談社文庫
拒んできたが、真王(ヨジェ)の命により、エリンだけが扱える王獣を部隊として訓練する日々が始まった。過去の封印を壊し、真実が明らかにならないうちに、闘蛇と王獣は、激突するのか、その時に伝説の大災厄が再び、もたらされるのか…。

すらすらと読み進めるのですが、内容はシビアです。児童文学ではなく、大人向けファンタジーです。
生きることとは、どうして戦争があるのか等、主人公が考えたり、息子に語るところに重みがあります。人間のエゴで使われる獣に、自由を取り戻すことを訴えます。獣も人間も愛するエリンの姿は聖者のようでもあります。でも、たどりついた真実の説明が短いような気もしました。
冒頭から想像していた通りの結末でした。
世界に通じる素晴らしい話だと思います。ハリウッドで3D映画化してくれてもいいなぁと思います。ジェームズ・キャメロン監督あたりなら許します。私の許可は必要ないですね(笑)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック