グランド・マスター2013/05/24

グランド・マスター
「グランド・マスター」の試写会へ行ってきました。
大きな混乱と変革が巻き起こった1930年代の中国、カンフーがまだそれほど知られていない時代、歴史の波に翻弄されながらも、武術を研ぎ澄ましていった武術家たち(グランド・マスター)がいた。
ブルース・リーの師匠として知られる詠春拳のイップ・マン(トニー・レオン)、八卦掌のゴン・ルオメイ(チャン・ツィイー)、八極拳のカミソリ(チャン・チェン)、後継者争いや復讐劇が絡みあっています。
トニー・レオンは相変わらず若いです。みんな動きがしなやかで、美しいので、まるでアートなんですよ。初めの方はちょっと眠くなってしまったけど、すごく良かったです。芸術的なアクションの裏には過酷な撮影があったようです。トニー・レオンは2度も骨折して、極寒の現場で気管支炎になったとか、チャン・チェンは八極拳を極めすぎて、全国大会で優勝しちゃったほどの腕前になってしまったとか、すごすぎです。イップ・マンとカミソリがもっと絡むのかと思ったら、そうでもなかったです。トニー・レオンとチャン・チェン大好きです。チャン・ツィイーもステキでした。実在の人だと思うと女ながら、かっこいいです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック