図書館戦争2013/05/19

図書館戦争
「図書館戦争」を観てきました。
近未来の日本、国家によるメディアの検閲が正当化された時代、本を読む自由を守るために、図書館側は図書隊を組織していた。笠原郁(榮倉奈々)は、かつて自分を助けてくれた図書隊員に憧れて、図書隊に入隊、そこで待っていたのは鬼教官の堂上篤(岡田准一)で、厳しい訓練が待ち受けていた…。本と自由を守る隊員たちの戦いと恋や友情が描かれる。
あたりまえと言えばあたりまえだけど、かなり原作からははしょってありました。残念に思うところは多々あるけど、そんなに長い映画では、観る方も大変だし、うまいことまとめてあったなぁと思いました。でも原作を読んでいない人には、うまく伝わるのかなと心配もしてしまいます。戦闘シーンやアクションが中心になっていて、大きいスクリーンで、大音響だから、迫力がありました。岡田クンの身体のキレの良さをまざまざとみせつけられました。多くの読者が望んだようなキャスティングで、原作のイメージに合っていたと思います。福士蒼汰クン、かっこ良かったです。

★★★★☆ 4-

コメント

_ 釈千手と申します ― 2013/05/19 04:01

通りすがりの者です。
私もこの映画を観ました。普通、原作を読んでから映画を観るとがっかりするのがほとんどですが、この映画に限ってはそんなことはありませんでした。戦闘シーンなどは映像の方が迫力がありました。楽しみにしていて封切り日に観たのですが、娘と「公開中にもう一度観たいね」と話しています。
素敵な解説・感想をありがとうございました。

_ spice管理人 ― 2013/05/20 00:41

釈千手さん、コメントありがとうございます。
原作が素晴らしいので、映画化は難しいですが、いろいろな人の感想を読むと、原作読んでいる人は良かったと言っている人が多いような気がします。私にこの本を薦めてくれた人も、映画に満足していました。話はまだ続くの続編も作ってもらいたいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック