木村荘八展2013/05/04

木村荘八展
東京ステーションギャラリーの「木村荘八展」へ行ってきました。
新しくなった東京駅と共に東京ステーションギャラリーもリニューアルしました。新しくなってから初めて行ったのですが、あれれ位置がちょっと違う。今度は北口のドームの方へ移動していて、ドームの上から駅の改札が見れたり、ドームを近くで見たりできます。煉瓦を生かした展示もあるけど、前の美術館の方が好きでした。素敵なカフェもなくなっていて残念でした。でも雰囲気は悪くないし、場所も便利なので、また行こうと思います。
木村荘八は明治26年・日本橋の牛鍋店の家に生まれました。永井荷風の「濹東綺譚」の挿絵を担当したり、東京の下町風俗を情緒深く表現した画家です。
昭和10年頃の新宿駅や浅草寺の様子など、とても興味深い展示でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック