容疑者X 天才数学者のアリバイ2013/05/04

容疑者X 天才数学者のアリバイ
「容疑者X 天才数学者のアリバイ」を観てきました。
高校の数学教師ソッコは、隣室に引っ越してきたファソンとその姪が、偶発的に人を殺してしまったことを知る。ソッコはファソンのために完璧なアリバイを考え出す。死んでいたのはファソンの元夫で乱暴的な男がったので、ファソンは警察に疑われるのだが、ソッコの言う通りに対応して行くと、疑いが晴れていく。しかし、刑事のミンボムは執拗にファソンを疑ってかかる…。
ご存知東野圭吾原作の「容疑者Xの献身」を韓国で映画にしたもの。私は福山雅治・堤真一の映画も観たし、原作も読んでいるので、比較を楽しみながら鑑賞しました。物理学者のガリレオは出てこないで、刑事のミンボムがソッコと大学の同窓で、謎を解いていく形になっています。あまりイケメンではないし、そこはちょっとパワー不足なんだけど、話の基本的な流れは同じでした。ラストはちょっと違うんですけど、内容がわかっていても泣けてしまいました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック