シュガー・ラッシュ2013/03/28

シュガー・ラッシュ
「シュガー・ラッシュ」を観てきました。3D吹き替え版。
ゲームセンターの営業が終わると、ゲームの中のキャラクターが好き勝手に動き出す。レトロなゲーム“フィックス・イット・フェリックス”の中で毎日ビルを壊し続ける悪役キャラクターのラルフは、みんなに愛されるヒーローになりたいと思っていた。自分のゲームを飛び出し、リアルな現代風のシューティング・ゲーム“ヒーロー・デューティ”へ。その後、迷い込んだお菓子の国のレース・ゲーム“シュガー・ラッシュ”でヴァネロペという少女に出会う。仲間はずれのヴァネロペと乱暴者と言われているラルフ、反発するものの、孤独な2人はいつしか友情がめばえていく。しかしゲーム界を震わす事態が進行する、鍵を握るヴァネロペの秘密とは?ゲーム界の災いを防ぐことはできるのか…。

シューティング・ゲームの女軍曹がかっこいいのです。異常なほどスタイルが良くて、男勝りです。ラルフと同じゲームのヒーロー・フェリックスは、なんだかにくめないキャラ。いろいろなゲームが入り混じっています。シュガー・ラッシュはなんでもお菓子でできている世界。ヴァネロペが小生意気でキュートです。他のレーサーたちも、カラフルなファッションで、話し方もメイクも日本の女子高生みたいなんです。かなり日本文化を参考にしています。ストーリーは初めは、どうなっているのかなぁと思っているんだけど、次第につながりがわかってくると、よくできているなぁと思います。ハートウォーミングな内容だし、楽しかったです。
主人公ラルフの声は山寺宏一なんで、文句なしです。字幕版のジョン・C・ライリーの声も興味あったけど、字幕は上映していませんでした。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック