ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅2013/03/19

ポール・デルヴォー展
“ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅”に行ってきました。
埼玉県立近代美術館です。久しぶりに行きました。
ポール・デルヴォーは大好きです。
キリコやマグリットのようなシュルレアリズムの絵が好きなんです。中でもデルヴォーは本当に夢の中に出てきそうな風景です。
電車があって、不思議な建造物があり、裸の女の人がいたり。実際にはありえなさそうな風景だけど、夢だと思うとすんなり納得してしまいます。
個人所蔵の“バルコニー”という絵が埼玉の展示にだけ出品されるということで、楽しみにしていたのです。会期途中から展示されるということでしたが、なかなか展示されず、もうすぐ終わってしまうので、しょうがない見に行こうと決めたところでした。もう一度ホームページでチェックしたら、所蔵者の健康上の理由で出品が取り消しになってしまったということでした。その絵が見れなかったのは残念でしたけど、デルヴォーの見たことない絵がいっぱいあって、満足しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック