ジャンゴ 繋がれざる者2013/03/13

ジャンゴ繋がれざる者
「ジャンゴ 繋がれざる者」を観てきました。
南北戦争直前のアメリカ南部。黒人奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、元歯科医で賞金稼ぎをしているキング・シュルツ(クリストフ。ヴァルツ)に買われる。賞金稼ぎに協力してもらうためだ。ジャンゴは奴隷として売られた妻を探していて、賞金稼ぎを手伝って、妻を助けに行く。冷酷な領主カルビン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)の所にいることがわかり、シュルツと協力して、のりこんでいくが…。
タランティーノ監督はCGはほとんど使わないらしい。西部劇ということもあり、古き良きなつかしい映画の雰囲気があるんだよね。そのくせ、奴隷制度にスポットをあてるところは、新しい。音楽にあわせてテンポよく展開していって、音楽も銃撃シーンもスタイリッシュでした。
タランティーノ監督も出演しているとは知らなかったので、おかしかった。意外にもファッションも楽しめました。ジェイミー・フォックスは何でも着こなしちゃうね。

★★★★☆ 4

コメント

_ kyon. ― 2013/03/17 13:48

ジャンゴ、私も見て来ました!
銃撃戦には全てを忘れるカタルシスがありました(笑)すっごく面白かったです。
>ジェイミー・フォックスは何でも着こなしちゃう
本当、そう思いました!タランティーノ作品は女優さんがいつもエロく可愛くて、たまりません(笑)

_ spice管理人 ― 2013/03/17 23:36

kyon.さんコメントありがとう。
kyon.さんも見たんですね。面白いですよねぇ。
ジェイミー・フォックスの青い服とか、ヴァルツさんのコートも可愛いデザインでした。
銃撃戦も美しい手際でした。満足しました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック