テッド2013/02/08

テッド
「テッド」を観てきました。
孤独な少年ジョンはテディベアのテッドと、本当の友達になりたいと神様にお願いする。すると奇跡が起きてぬいぐるみに魂が宿る。2人は親友となり27年が過ぎた。相変わらず仲良しだが、テッドは下品なジョークと女の子が大好きな中年おやじのようになっていた。
そんなある日、ジョン(マーク・ウォールバーグ)は4年間つきあっている恋人・ロリー(ミラ・クニス)から、自分とテッドのどちらが大事なのかと選択を迫られる…。
R15+というのもわかるような映画。下品な下ネタも多いし、葉っぱを吸ったりするし、ノリについていけるかで、この映画の評価も変わってくるかもしれない。私は結構面白かったです。ワハハとまで笑えないまでも、上品な友情物語よりもリアルです。良い人なんだけど、ちょっとバカっぽい役にマーク・ウォールバーグがピッタリ。他の映画でシリアスな演技するのもすごいけど、こういう役もとてもうまい。
幼なじみの悪友の話だったら、よくありそうな感じだけど、その相手をクマのぬいぐるみにしてしまうところが斬新でいいし、ぬいぐるみが魅力的。動きもスムーズだし、毒舌だけど愛らしいところもあって、人気が出るのもわかるなぁ。ストーリーもよく練られていて、ホロリとしちゃったりします。

★★★★☆ 4

コメント

_ まるじ ― 2013/02/08 11:50

管理人さんも見たんですね~!。恋人役の女性もいやみなくて、よい人で魅力的でした。
ジョンのお父さんとお母さんは最初にしか出てこない(結婚式にもいなかったような?)から、亡くなってる設定だったのかな。もしそうだったら、テッドは親友であり唯一の家族だったのかな?なんて思ったり…。予想以上によい作品だと思いました。

_ spice管理人 ― 2013/02/09 01:39

まるじさん
恋人役のミラ・クニスは「ブラック・スワン」の主人公のライバル役で、とても印象深かった人です。今回はうってかわってコミカルで良かったです。美しいし。お父さんとお母さんはそういえば、はじめだけで忘れていました。どうしちゃったんでしょうね。
楽しい映画でした。クマのぬいぐるみがほしくなるなぁ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック