レ・ミゼラブル2013/02/07

レ・ミゼラブル
「レ・ミゼラブル」を観てきました。
パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまう。しかし真心ある司教に出会い、過去を捨て(隠し)努力の末に、町の有力者となる。
その頃、出会ったフォンテーヌ(アン・ハサウェイ)から愛娘コゼットを託され、親子として暮らす。ジャン・バルジャンを執拗に捕まえようとするジャベール警部(ラッセル・クロウ)から逃れながらの生活。やがてコゼット(アマンダ・セイフライド)は美しく成長、激怒の波にジャン・バルジャンも巻き込まれていく…。
有名なミュージカルは観ていませんが、児童文学の「ああ無情」は私の小さい頃の愛読書でした。ほとんど本を持っていなかったので、同じ本を何度も読んでいました。児童書なのでストーリーは簡単になっているのですが、ジャン・バルジャンが銀の食器を盗んで捕まり、司教の慈悲に触れるところが、とても印象的でした。憎悪のかたまりだった男が生まれ変わろうと決意するのです。それに「ああ無情」というタイトルがすごいなぁと思っていました。自分でその本を選んだのかどうか覚えていません。
映画はセリフがほとんどなくて、歌で伝えるようなミュージカルで、迫力の歌唱力でした。意外にもラッセル・クロウの歌うシーンが多かったです。ミュージカルが苦手な人にはちょっと辛いかもしれないけど、壮大な絵物語のようになっていて、感動的でした。あーでも私にもちょっと歌は長い気がしましたけどね。革命に参加している小さい男の子の歌が良かったなぁ。上映時間は2時間38分です。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック