エル・グレコ展2013/02/04

エル・グレコ展へ行ってきました。東京都美術館です。

エル・グレコ展

エル・グレコファンというほどではないけど、行った人からすごく良かったという話を聞いていたので、それにこの下の絵“白貂の毛皮をまとう貴婦人”を雑誌で見て以来、なんだか気になって。エル・グレコらしからぬ凛とした貴婦人の絵、見てみたいと思いました。


毛皮が繊細に描かれています。エル・グレコは肖像画は多いけど、だいたいおっさんの絵、自画像もおっさんだし。このハッとするほど惹きつける肖像画は珍しいと思いました。エル・グレコといえば、女性はマリア様かマグダラのマリア様の絵というイメージしかなかったけど、こういう肖像画もあったんですね。
美術展の内容もすごい充実ぶりでした。チラシの絵になっている“無原罪のお宿り”なんかもよく貸出を許してくれたなぁと思えるほどの代表作。かなり大きな絵なんです。高さ3メートル以上あります。チラシの絵は上半分だけですし、実物を見る機会はなかなかないと思いますので、お見逃しなく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック