桐島、部活やめるってよ2013/02/02

桐島、部活やめるってよ
今頃ですが「桐島、部活やめるってよ」を観てきました。
ありふれた高校生活の風景、部活に行く人、女子たちのおしゃべり、バスケットで遊ぶ男子。しかし学校のスター的存在・桐島がバレー部を退部するという噂が流れると、様々な学生が影響を受けていく。退部の理由もわからず、彼女も親友も桐島と連絡がとれない。
いろいろな立場から描かれるので、各々の“おもい”がわかってくる。自分の高校時代に比べるとおしゃれだけど(だってスマホなんかなかったし)、似たような人間関係やこんな感じの人もいたなぁなんて、誰でも思いあたるかもしれません。片思いはこそばゆい感じもしたけど、面白い構成の群像劇でした。原作ではどう書いてあるのかと興味を持ちました。作者の朝井リョウも直木賞を受賞したばかりですね。
クラスでは目立たない存在だけど、大人になって成功する人もいるだろうし、高校ではスターだった人が案外平凡だったりもする。でも、高校という小さな枠組みの中では、ランクみたいなのがあり、その中で生きていかないといけない。そんな時代に向き合っている高校生たちを描いている。
神木隆之介君はスポーツ苦手な演技が、上手かったなぁ。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック