わたしを離さないで2011/04/17

わたしを離さないで
「わたしを離さないで」を観てきました。
外の世界からは隔絶されている寄宿学校ヘールシャム。キャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)は小さい頃からの幼なじみ。成長していく3人はトミーとルースがつきあいだしたことで、すれ違いをおこしていく。しかし、この学校は特別な学校で、生徒たちには過酷な運命が待ち構えている。

初めは学校の異様さが目に付く。従順すぎる子どもたち。たびたびある健康診断。実力派3人の俳優は、成長して変わっていく様子を違和感なく演じている。
映像はとても美しくて、座礁した船が打ち上げられている海のシーンなどは、忘れがたい。多くは語らないけれど、生と死を深く考えさせられる映画。

★★★★☆

コメント

_ りさ ― 2011/04/17 01:56

私は先週鑑賞してきました。
原作も気になりますね。映画では少し物足りない気もしたので
原作を読むともっと理解できるかなあなんて思ったりしました。
キャリー・マリガンの子役時代を演じた女の子が、キャリーにそっくりで
びっくりしました。
シャーロット・ランプリングが出ると、画面が引き締まりますね。
出番は少なくても、貫禄たっぷり。そして怖かったです。。

_ spice管理人 ― 2011/04/17 14:11

りささん
シャーロット・ランプリングが出ているというだけで、観たくなります。
予告編では「あなたたちに心があるなんて」というセリフがあるのですが、
本編では、そのようには言わなかったように思います。
そうそうキャリーの子ども時代の子が、一番似ていていましたね。
中心になる役だから、重要ですよね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック