SOMEWHERE2011/04/07

SOMEWHERE
「SOMEWHERE」を観てきました。
主人公は富も名声も手に入れた映画スターのジョニー・マルコ(スティヴーン・ドーフ)。ホテル住まいで、きれいな女はいくらでも寄ってくるし、高級車を乗り回す、部屋にポールダンサーを呼んだりもする。まさにセレブな生活。しかし、実際は幸せじゃない。空虚なのだ。
ジョニーには離婚した妻との間に11歳の娘クレオ(エル・ファニング)がいて、数日間一緒に過ごすことになる。娘と過ごす日々は、彼を穏やかな気持ちにさせる。
人生に大事なものとは何なのだろう。
娘と夜中にアイスを食べたり、TVゲームで遊んだり、プールサイドでまどろむ。
仕事の方はインタービューや記者会見、特殊メイクのための顔の型取りとか、あんまりストーリーとかはなくて、スターの私生活を覗いているような感じ。イタリアへ行って授賞式に出るとこも面白い。ホテルのテレビではドラマ「フレンズ」がイタリア語吹替えで放映しているし。
ベニチオ・デル・トロもちょっとだけ出演。
淡々としていて、好みが分かれるかな。ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞なんだけど、そんなすごい映画という感じではないんだよね。でも私は好みかな。もともとスティーヴン・ドーフ好きだし、エル・ファニング(ダコタの妹)も子どもでも大人でもない微妙なお年頃で、かわいい!
やっぱりソフィア・コッポラ監督本人の経験からきているのかな。有名人で金持ち、いつも忙しい父親との関係。庶民とは無縁の世界だけど、そういう人の生活の様子を見れる。
フェラーリって、前に荷物が入れられるようになっているのですね。

★★★★☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック