ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密2020/02/14


ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」 TOHOシネマズ日比谷
世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリスタファー・プラマー)の85歳の誕生日パーティーが彼の豪邸で開かれた。その翌朝、ハーランが遺体となって発見される。依頼を受けた名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、事件の調査を進めていく。莫大な資産を抱えるハーランの子どもたちとその家族、家政婦、専属看護師と、屋敷にいた全員が事件の第一容疑者となったことから、裕福な家族の裏側に隠れたさまざまな人間関係があぶりだされていく。
莫大な資産を持つおじいさんが亡くなり、自殺か殺人か、怪しい人だらけの周囲の人たち、果たして真相は?昔ながらのミステリー風で、名探偵が解き明かす、王道風なんだけど、なかなかひねりが効いていて、楽しかったです。
お屋敷は、内装がゴテゴテしていて、わかりやすい金持ち、時に大きくなる音楽、あえての演出なのだと思います。アガサ・クリスティーの世界を思わせます。
映画通を唸らせる新旧のスターたちが共演しています。007やキャプテンアメリカのクリス・エヴァンス、ドン・ジョンソンや、クリストファー・プラマー、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレットなど。クセのある役が多いです。面白かったです。

★★★★☆ 4

パラサイト 半地下の家族2020/02/13



「パラサイト 半地下の家族」 TOHOシネマズ錦糸町オリナス
キム(父・ソン・ガンホ)一家は家族全員が失業中で、貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師として採用され、妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へ……。
アカデミー賞作品賞や監督賞など、すごい勢いですが、面白かったです。
アカデミー賞発表前に見に行ったのですが、ブログが遅くなりました。
似たような家族構成なのに、この違い、パラサイトというタイトルから、だいたいの予想はついていましたが、お金持ち家族に取り入っていく展開は、想像以上に速いテンポでした。更に後半の展開は畳みかけるような意外さでスピードアップしていきました。
一見コメディっぽくもあるのですが、ホラーっぽくもあり、社会派映画でもあります。韓国ならではの事情もあって、日本とは違うところも多いです。
ラストのとらえ方も人によって様々なのではないかなぁ。

★★★★☆ 4+

ポスター黄金時代2020/02/12



「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」 たばこと塩の博物館
たばこと塩の博物館で、コレクションしているポスターの展示です。たばこの広告やたばこパッケージ印刷など、ポスターが広告メディアの花形だった1890年代から1960年代に製作された作品を展示しています。
近頃はたばこを嗜む人はかなり少なくなっていて、広告も少ないですが、昔は清純派の人気女優さんや、俳優さんがCMしていたりしていました。
もっと昔だと絵のポスターです。展示は少なめですが面白かったです。

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて2020/02/11



「フィシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて」
ヒューマントラストシネマ有楽町
イギリスのコーンウォール地方の港町に旅行に出かけた音楽マネージャーのダニー(ダニエル・メイズ)は、漁師たちのバンドのライブを見かけ、一緒に出かけた仲間の上司から、彼らと契約を結ぶよう命じられ、置き去りにされる。よそ者に冷たくダニー達の態度も悪かった為、なかなか心を開いてくれない漁師達だったが、時間をかけてなんとか契約を果たす、しかし……。
イギリスに実在する漁師バンドの実話を基に映画化。
歌声も良いのだけど、コーンウォールの自然が良かったです。太陽が眩しいような風景のシーンが多くて、全体的に明るいトーン。実際、イギリスだったら、もっと天気悪い映画が多いような気がします。
都会で仕事をして、うわべだけの付き合いをしていたダニーは、漁師町で暮らし、仲間に入れてもらい、バンドが素晴らしいものだと信じるよいになっていきます。なんとか、バンドの音楽を届けようと努力していきます。好きな女性もできるのですが、いろいろ問題が起きます。
とても、面白かったです。

★★★★☆ 4

ストロベリー&ホワイトチョコシフォンケーキ2020/02/10



有楽町“illy”にて、ストロベリー&ホワイトチョコシフォンケーキと、カプチーノ。ちょっと前ですが、残業で疲れてしまって、甘いものを補充しました。シフォンケーキだから、軽めで食べやすく、カプチーノも美味しかったです。

バッドボーイズ フォー・ライフ2020/02/09


バッドボーイズ フォー・ライフ

「バッドボーイズ フォー・ライフ」 TOHOシネマズ日比谷
大ヒットアクション映画「バッドボーイズ」の17年ぶり新作となるシリーズ第3弾。
マイアミ市警の敏腕刑事コンビ、マイク(ウィル・スミス)とマーカス(マーティン・ローレンス)。ブランド物のスーツを着こなし、得意のドライビングテクニックでポルシェを飛ばすマイクに対し、マーカスは、そろそろ引退を考えている。そんな中マイクの命が狙われる……。
前作からだいぶたっているけど、懐かしい気分で鑑賞しました。ド派手なアクションと、軽快なノリで楽しめました。話もちょっとひねりが効いています。更に続きを作ってしまうのかなぁと思う終わり方です。マーティン・ローレンスは、年相応かもしれないけど、ウィル・スミスは、若い頃とあまり変わらない気がしました。

★★★☆☆ 3+

珈琲店タレーランの事件簿1~22020/02/08




「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら。あなたの淹れた珈琲を」
「珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る」
岡崎琢磨・著 宝島社文庫
京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然入ったこの店で、長年追い求めた理想の珈琲と出会う。
女性バリスタ・切間美星は聡明な頭脳で、店に持ち込まれる日常の謎を、解き明かしていく。
デビュー作がシリーズ化されているのだそうです。短編連作形式で、推理の時のルーティンがあったりして、連続ドラマになりそうな内容でした。
1巻も2巻もバリスタの過去が関係している話がありました。
語り手のアオヤマのことも、バリスタのことも、まだよくわからず、疑問を持ちながら読み進めました。2巻になると、関係性や背景がわかってきました。えっ、どういう事?と驚いたり、納得したりします。あまり恐ろしい事件は起きませんが、ソフトなミステリーでした。
タイトルの副題が、読み終わってみるとこういうことだったのかと思いました。
読みやすくて楽しかったです。表紙の絵がかわいらしいですね。
コーヒーが飲みたくなりました。

無垢なる証人2020/02/07


無垢なる証人

「無垢なる証人」 シネマート新宿
弁護士のスノ(チョン・ウソン)は、新しい弁護士事務所に入って期待されている。
殺人事件の担当になって、容疑者の無罪を立証しようとするが、唯一の目撃者の少女ジウ(キム・ヒャンギ)が、自閉症で意思の疎通が難しい。事件のことを聞き出そうと、何度も会って話をしようとするうちに、次第に彼女のことを理解するようになっていく…。
これ、とっても良い映画でした。父の借金等もあり、もともと人権派の弁護士だったスノは、より出世を望める仕事をしようと方向転換しています。
ジウに出会ったことで、いろいろ考えさせられるのです。正義を求める気持ちがあるのに、依頼人に有利に進める事を求められます。裁判以外でも、理想と現実の間で揺れ動くのです。弁護士になった頃の気持ちとは、違うところへ来てしまった現在、何が正しいことかを見失いつうあるのです。心から笑えることがなくってきていたのではないでしょうか。事件の真相や主人公や周囲の人たちの変化など、見応えのある映画になっていました。

★★★★☆ 4

オリ・マキの人生で最も幸せな日2020/02/05


オリ・マキの人生で最も幸せな日

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」 新宿武蔵野館
1962年、ボクサーのオリ・マキ(ヤルコ・ラハティ)は、世界タイトル戦でアメリカ人チャンピオンと戦うことに。減量に励み、集中して試合に臨むつもりだが、オリはライヤ(オーナ・アイロラ)に恋をしてしまう。フィンランド中がオリに期待し、周囲は勝手に盛り上がるし、減量は思い通りにいかないし、恋は……。
モノクロ映像で、古い映画を観ているようでした。減量にはやっぱりサウナなのかぁ。さすがはフィンランド。オリは困っているけど、それほど切羽詰まった風ではないし、どこかのんびりしているように思えた。マネージャーの家に泊まらせてもらって、ライラと二段ベッドの上下で寝て、世界戦を戦うボクサーの待遇じゃないけど、時代的なものなのかなぁ。4人の子どもがいるマネージャーもお金に困っているようだし、試合に向けて盛り上がるのかといえばそうでもないし、ちょっと私は退屈でした。でも眠くはならなかったです。
マネージャー役が「ボーダー 二つの世界」に出ていたエーロ・ミロノフで、素顔はこういう人なのだなと思いました。「ボーダー」ではメイクしていたから。

★★★☆☆ 3