あなたとオムライス 食堂のおばちゃん82022/11/27



「あなたとオムライス 食堂のおばちゃん8」 山口 恵以子・著 ハルキ文庫
佃はじめ食堂の常連客でお酒も卸している辰浪康平は40歳すぎで気楽な独身。両親が息子の将来を心配して、代理婚活の会に入会した。子供の代わりに親同士が見合いして結婚相手を探すという。両親が気に入った女性とつき合い始めたが康平だったが……。
他に常連の後藤には、亡き妻との初デートで食べたオムライスの思い出があった。
酒屋の康平は当然ながら日本酒にめっぽう詳しく、料理にあったお酒をみんなにアドバイスしてくれます。それを読んで著者も日本酒が好きなのだろうなぁと思います。康平を想っている人も近くにいるのです。前からそうなんじゃないかと思っていたけど、年齢がよくわからなかったのです。康平本人は気がついていないところで、食堂のおばちゃんである二三は、なんとか良い雰囲気にならないかと、やんわりと後押しをしているのです。押しつけがましくなく、直接言ったりはしないのです。この後、どうなっていくのか気になるところです。
この本の巻末にはいつも料理のレシピも出ています。まだ一度も作ったことはないのです。
話は、コロナの話題も出てくるので、最近書いている内容なんですね。
実在の人や店の事も出てきます。なんだか、佃にはじめ食堂も実在しているのではないかと感じてきます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック