ダウントン・アビー 新たなる時代へ2022/10/05


ダウントン・アビー 新たなる時代へ

「ダウントン・アビー 新たなる時代へ」 TOHOシネマズ日比谷
イギリスの人気テレビドラマ「ダウントン・アビー」の劇場版第2作。
1928年、英国北東部ダウントン。グランサム伯爵クローリー家の亡き三女シビルの夫トムが、モード・バッグショーの娘と結婚することに。華やかな宴が繰り広げられるが、屋敷は傷みが目立ち、長女メアリーは修繕費の工面に悩んでいた。そんな折、映画会社から新作の撮影に屋敷を使用したいとの申し出が入る。高額な謝礼をもらえると知ったメアリーは、父ロバートの反対を押し切って撮影を許可。一方、ロバートは母バイオレット(マギー・スミス)がモンミライユ男爵から南仏の別荘を贈られたことを知る。その寛大な申し出に疑問を抱いたロバートは、家族とともに現地へ向かう。
高貴なイギリスのお屋敷での暮らしを見るのも楽しいです。家はとても立派ですが、雨漏りしているらしく、映画撮影に協力することで謝礼をいただくことにします。
今回の話では、映画の撮影隊がダウントンにやってくることと、母バイオレットが、南仏の別荘を贈与されるにあたり、家族の何人かが、南仏を訪れる話があります。映画撮影はサイレント映画から、トーキーに移り変わる頃で、映画スターがやって来るけど、わがままに振り回されたり、映画撮影に協力したりします。映画監督、俳優、クローリー家、使用人たち、それぞれの物語があります。優雅さと厳かさが、素晴らしいかったです。多くの登場人物と、別々の話が、うまくまとまっていき、満足感が高かったです。変化もあるけど、また新しい時代を担っていく人たちがいて、未来に繋がっていくのだろうなぁと感じさせます。新たなる時代へと言うタイトルが合っていました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック