京都祇園もも吉庵のあまから帖22022/09/15


京都祇園もも吉庵のあまから帖

京都祇園もも吉庵のあまから帖2」 志賀内 泰弘・著 PHP文芸文庫
京都・祇園。一見さんお断りの甘味処「もも吉庵」を営む、元芸妓・もも吉の人生の機微に通じた言葉が、悩みを抱えた人々の心を癒す。
和菓子屋の女性店員の接客を見た華道の家元が、そこに「奥義」 を感じた理由とは。舞妓修業中に失踪した少女が、ある覚悟を持って置き屋のお母さんの前で見せた「舞」が起こした奇跡。
入院中の子供に贈り物を届ける「祇園祭のサンタ」の正体を知った新聞記者の逡巡……。
シリーズ2作目です。前回登場した人も出てきて、広がりを見せてくれます。その後が気になっていた人も、どうなっているかわかるし、同じ人が新たな悩みを抱えていたります。和菓子屋に就職した若い女性は自分に自信がなくて、何事も丁寧だけど遅いのです。しかし、心のこもった接客や、考え方に周囲が動かされていくのです。とても気になる女性です。本人は仕事がのろいと怒られているし、自己嫌悪に陥っているのです。2冊目も楽しんで読めました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック