刺繡絵画の世界展2022/09/02



「刺繍絵画の世界展 明治・大正期の日本の美」 日本橋高島屋S.C. 本館8階ホール
明治期を中心に、日本を代表する美術工芸品として盛んに製作された刺繍絵画。技巧の限りが尽くされた作品群は、日本刺繍の最高峰とも評されています。しかしながらそれらの多くは、輸出され日本に残されておらず、日本人が作品に出会う機会はほとんどありません。各国で開催された万国博覧会にも出品され、賞賛されたそうです。国内にある貴重な刺繍作品や、下絵などを展示しています。
少し前に、友人が高島屋で買い物をした時に、招待券を貰ったのをいただきました。精密な刺繍で、中にはよく見ないと刺繍には見えない作品も多かったです。絵画のようでした。刺繍職人さんは器用だなぁと驚きました。孔雀、鳳凰、桜など日本らしい作品が多かったですが、ベニスの風景もありました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック