犬王2022/06/04


犬王

「犬王」 TOHOシネマズ日本橋
京の都・近江猿楽の比叡座の家に、1人の子どもが誕生した。その子どもこそが後に民衆を熱狂させる能楽師・犬王(声:アヴちゃん)だったが、その姿はあまりに奇怪で、大人たちは犬王の全身を衣服で包み、顔には面を被せた。ある日、犬王は盲目の琵琶法師の少年・友魚(声:森山未來)と出会う。世を生き抜くためのパートナーとして固い友情で結ばれた2人は、互いの才能を開花させてヒット曲を連発。舞台で観客を魅了するようになった犬王は、演じるたびに身体の一部を解き、唯一無二の美を獲得していく。
南北朝~室町期に活躍した実在の能楽師・犬王をモデルにした古川日出男の小説「平家物語 犬王の巻」を、湯浅政明監督が。映像化した長編ミュージカルアニメ。
とにかく芸術的でした。絵は和の雰囲気です。音楽は素晴らしいです。ロックのコンサートを観賞しているようでした。クィーンのコンサートを思わせますね。反面、日本的な要素がいっぱいで、海外の映画祭で評価されそうな気がします。
犬王の声がバンド女王蜂のアヴちゃん、その歌声に圧倒されます。森山未來もたくさん歌っていました。曲も良かったです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック