君を想い、バスに乗る2022/06/09


君を想い、バスに乗る

君を想い、バスに乗る」 シネスイッチ銀座
最愛の妻に先立たれた老人がイギリス縦断の旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。
愛する妻メアリーを亡くしたばかりのトム・ハーパー(ティモシー・スポール)は、かつてメアリーと出会った場所を訪れるため、ローカルバスのフリーパスを利用してイギリス縦断の旅に出ることを決める。50年暮らした家のあるスコットランド最北端の村離れ、イギリス最南端の岬ランズ・エンドを目指して、様々な人と出会い、トラブルに巻き込まれながらも、トムは妻と交わしたある約束を胸に旅を続ける。
主演のティモシー・スポールは、意地悪な役とか、脇役というイメージでしたが、この映画ではヨロヨロと歩くおじいちゃんを演じています。実年齢よりもお年寄りの役だと思います。歩くことが大変そうなので、見ている方はハラハラします。泥棒やヘンな人に絡まれたりしないのか、もちろんそういうトラブルもあるけど、助けてくれる良い人たちもいるし、彼が逆に人を助けながら、バスで旅を続けるロード・ムービーです。
そんな様子を本人は知らないうちにSNSで発信されたりしています。風景はのどかなのですが、いかにも現代の映画です。
トム夫妻の過去のシーンが挿入されているのですが、美男美女でした。自然にコラージュされていて、過去がわかるようになっています。とてもよくできていて、面白い映画でした。彼らがスコットランドへやってきて生活している事や、イギリス最南端の岬ランズ・エンドを目指す理由がだんだんわかってきます。
深い愛が描かれています。良かったです。
原題は“The Last Bus”だそうですが、邦題もなかなか良いですね。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック