象の旅2022/06/03


象の旅

「象の旅」 ジョゼ・サラマーゴ・著 書肆侃侃房
1551年、ポルトガル国王はオーストリア大公の婚儀への祝いとして象を贈ることを決める。象遣いのスブッロは、任務を受け象のソロモンの肩に乗ってリスボンを出発する。嵐の地中海を渡り、冬のアルプスを越え、行く先々で出会う人々に驚きを与えながら、彼らはウィーンまでひたすら歩く。
時おり作家自身も顔をのぞかせて語られる、波乱万丈で壮大な旅。
実際にあったことをベースに肉付けされて小説になっています。ちょっと読みにくくて、読むのに時間がかかってしましました。中心となるのは象遣いのスッブロですが、いろいろな人の観点からも描かれていますし、作者の気持ちや、特注的な説明も入っていました。
ジョゼ・サラマーゴは初めて読みましたが、ノーベル文学賞を受賞している人なんですね。
この時代に、象をポルトガルから、オーストリアへ運ぶって、今とは違って大変でしょうね。船に乗ることもあるけど、ほとんどが徒歩でした。途中は雪が降る山も越えているようです。象は寒いところは平気なんでしょうか。
そもそもは、インドからポルトガルへ行ったのだと思いますが、それもすごい距離です。当時は象を見たこともない人々ばかり。象のソロモンは語りませんが、割りとおだやかで、素直に従ってくれているところもあります。スッブロも、ただ従うしかないのですが、それほど従順という感じではなく、意見を持っていました。
訳者のあとがきに、作者のドキュメンタリー映画が面白いとあったので、観てみたいと思いました。「ジェゼとピラール」という映画です。そして、私が面白いと思った映画「複製された男」は、原作がこのジョゼ・サラマーゴだったのかと知りました。不思議な話でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック