流浪の月2022/05/25



「流浪の月」 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
ある日の夕方、雨の公園でびしょ濡れになっていた10歳の少女・家内更紗(白鳥玉季)に、大学生・佐伯文(松坂桃李)が傘をさしかける。伯母に引き取られて暮らす更紗は家に帰りたがらず、文は彼女を自宅に連れて帰る。更紗はそのまま2カ月を文の部屋で過ごし、やがて文は更紗を誘拐した罪で逮捕される。“被害女児”とその“加害者”という烙印を背負って生きることとなった成長した更紗(広瀬すず)と文は、事件から15年後に再会するが……。
「怒り」の李相日監督作品。イケメンの横浜流星が、更紗の恋人役なんですが、とても怖い感じだったから、ファンが減ってしまわないか、心配してしまいます。それだけ熱演だったと思います。
役作りだと思いますが、松坂桃李は痩せていたと思います。反対に更紗のバイト先の店長が三浦貴大ですが、ちょっとぽっちゃりしていて、誰かと思ってしまいました。文の母役が内田也哉子で、樹木希林に話し方が似ているなぁと思って観ていました。さて、文の働いている喫茶店をみつけて、更紗が通うようになるのですが、そのお店がすごく素敵でした。本当にある店なのだろうか。1階のアンティークショップも良かったです。
映画は150分と長めでした。その割には、原作を読んでいるので、それぞれの人物の背景が省略されていることが多くて、映画だけ観る人にはわかりにくいかもしれません。私は更紗の本当の両親は誰が演じるのかと楽しみにしていたけど、そういうシーンはなかったです。更紗の両親が個性的で、幸せな子ども時代だったのが、原作では印象的でした。映画は良かったですが、どうしても暗めになっています。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック