バブル2022/05/20



「バブル」 TOHOシネマズ日比谷
重力を操る泡「バブル」が降り注ぎ、重力が壊れた東京。街は家族を失った若者たちの遊び場となり、ビルからビルへ跳びまわるパルクールのチームバトルが行われていた。渋谷を拠点とするブルーブレイズのエースであるヒビキ(声:志尊淳)は特殊な聴覚の持ち主で、他人とのコミュニケーションが苦手だ。ある日のプレイ中に重力が歪む海へ落下した彼は、謎の少女ウタ(声:りりあ)に助けられる。不思議な力を持つウタは、ヒビキだけに聴こえる音に反応する。2人の出会いは、世界を変える真実へとつながっていく。
SFだけど、人魚姫がベースにあります。そして、重力がおかしい世界で、パルクールをする話です。それを聞いては何がなんだかわかりませんね。
私は細田守監督の「竜とそばかすの姫」を思い起こしました。「竜とそばかすの姫」は「美女と野獣」がベースになっているからです。そして、美しい歌声も聴けることが共通しています。
「バブル」はキャラクターの絵はかわいいですが、あまり子ども向けではないです。テーマは「輪廻転生」なんではないでしょうか。ちょっと難解なところもありますが、面白かったです。人類も地球も、崩壊と再生を繰り返しているのです。
東京が侵略されつつある状況です。異星人というか、人類とは違うものは、そんなにわかりやすいものではないのです。宇宙人とか人魚とか、人類とは違うものが、東京をしいては地球を侵略しよううとしているように感じました。
作品は配信もしていますが、映画館のスクリーンの方が、臨場感・浮遊感、映像のきれいさは体感できると思います。東京が廃墟のようになった風景、明るい色合いで描かれていて、良かったです。人魚姫と言われると、確かにストンと納得できるのです。だからバブルか。バブル経済じゃないですよぉ。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック