国芳猫草紙 おひなとおこま2022/05/18


国芳猫草紙 おひなとおこま

「国芳猫草紙 おひなとおこま」 森川 楓子・著 宝塚文庫
人気浮世絵師・歌川国芳の一人娘とりが誘拐された。子守兼弟子のおひなはとり探しに奔走する最中、謎の薬師に薦められた薬を飲み、猫の言葉がわかるようになってしまう。国芳の愛猫おこまの活躍で、とりがある武家屋敷にさらわれたことを突き止めるが、その屋敷の奥方の首無し死体が見つかり、江戸中を騒がす大事件に…。“猫の網”からの情報を頼りに、一人と一匹が事件の真相に迫る。
実在の人物、歌川国芳、その家族、弟子たちの話を交えつつ、猫と話せるようになるというファンタジックな内容でした。国芳の子どもとりはまだ赤ちゃんで、とても大きな声で泣いてしまうそうです。それをあやすのが上手い主人公のおひなは、弟子ながら、女中のような働きをしています。絵は上達しないけど、どうしても国芳のもとで学びたいので、子守りでもおさんどんでもなんでもやります。おひなは鰹節屋のお嬢さんです。兄からは国芳のもとに行くのを反対されています。猫の情報網はすごくて、頼めばあっちこっちの情報が集まってきます。考え方は人間よりもドライなところがありました。拾って可愛がってもらった国芳のもとから、お金持ちの姫のところに行ってしまったり、そうは言っても元の飼い主も気になってはいました。ファンタジックな内容かと思えば、首を斬られて殺される事件が起きたり、ちょっと殺伐としたところもありました。マンガのような小説でした。国芳の人柄や、奥さんの感じなど、こういう人だったのだろうなと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック