御徒の女2022/02/28



「御徒の女」 中島 要・著 実業之日本社文庫
江戸後期、下級武士の娘として生まれた栄津の半生。隣家の長男に想いを寄せていたが、兄の命令で、顔も知らない國木田家に嫁ぐ。厳しい姑の指導のもと、家事や子育てに励む。流行り病や、大地震、波乱の時代を生きる。
17歳から、数年おきに描かれていて、その間におきた事は、省略されていたりします。裕福ではないので、畑で作物を作ったり、生活を切り詰めて暮らしています。小さい頃から忠義者の下男に大切にされて育ち、口うるさい姑も、悪い人ではないです。出会う人々に支えられ、逆に助けたりと関わりがとても良い人情話でした。面白かったです。江戸が終わり、武士じゃなくなる時にどうするか、江戸が東京に変わった頃の状況が、わかります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック