秘密2022/02/24


秘密

「秘密」 東野 圭吾・著 文春文庫
妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。
映画「秘密」の原作であり、19998年出版。
ちょっと前の小説ですが、読んだ事がなかったし、映画も観ていませんでした。東野圭吾の小説の中では代表作でしょうか。勝手な期待が大きかったのですが、夫から見た妻の心を持った娘に嫉妬に苦しんで、読んでいても辛い気がしました。最後の展開も、えっ、そうなの?と驚きとともに、モヤモヤする気持ちになりました。もっとほっこりする話の方が良かったかなぁ。
ハッピーエンドといえばそうなのかもしれないですが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック