楽園のカンヴァス2022/02/15


楽園のカンヴァス

「楽園のカンヴァス」 原田 マハ・著 新潮文庫
ニューヨーク近代美術館(MoMA)のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに篭めた想いとは―。山本周五郎賞受賞作。
創作だと思うけど、すごくリアルで、画家のアンリ・ルソーって、こういう人だったのかなぁと思いました。一度見たら、忘れられないような絵「夢」「眠るジプシー女」など、実物は見たことないですが、ルソーには強烈な個性を感じます。その絵の裏にはどんな真実があったのだろうかと、絵画をめぐるミステリーのようで、ひきこまれました。とても面白かったです。
日本にもアンリ・ルソーの絵を所蔵している美術館もあるし、外国の美術館で見た絵もありますが、この本を見ると「夢」を見てみたくなりました。
日本で見たアンリ・ルソー作品はポーラ美術館や東京都近代美術館です。
好きな絵と向き合うって、とても楽しいことだと、改めて感じました。ルソーでなくても、人それぞれに好きな絵や画家があると思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック