ファーゴ2022/02/08



「ファーゴ」 TOHOシネマズ日本橋
コーエン兄弟によるブラックユーモアをちりばめた異色のクライムサスペンス。厚い雪に覆われるミネソタ州ファーゴ。多額の借金を抱える自動車ディーラーのジェリー(ウィリアム・H・メイシー)は、妻ジーンを偽装誘拐して彼女の裕福な父親から身代金をだまし取ろうと企てる。ところが誘拐を請け負った2人の男が警官と目撃者を射殺してしまい、事件は思わぬ方向へ発展していく。
1996年製作。アカデミー脚本賞、主演女優賞をはじめ、多数の映画賞を獲得しています。午前十時の映画祭で鑑賞。有名な映画だけど、観たことがなかったので、興味を持っていました。ファーゴは地名なんですね。雪に覆われた雰囲気がとても良いです。98分しかないのですが、内容は盛りだくさんで、そんなに短いとは感じなかったです。みんな若いと思いました。警察署長が調査に来るのですが、それがフランシス・マクドーマンド。可愛らしいです。特に声が良いです。女の警察署長だし、妊娠中なんです。するどい調査をしていきます。そんなにゴリゴリと調査するわけではなく、ほわんとした雰囲気が、良かったです。この映画でアカデミー最優秀女優賞の1回目を受賞。その後に2回も受賞するのですから、すごい人だなぁと思いました。
この映画はR15+指定。だからあまりテレビで放送しないのかなぁ。観てみるとR指定なのも納得しました。犯罪ものだけど、なんだか笑えるところもあって、テンポが面白かったです。近頃はアメリカでテレビドラマもできているそうで、再注目されているようです。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック