ファミレス 上・下2022/01/03




「ファミレス 上・下」 重松 清・著 角川文庫
中学校教師の宮本陽平は、子どもたちが家を出て、妻・美代子との初めての二人暮らし。ある日陽平は、美代子の署名入りの離婚届を見つけてしまう。しかし、彼女に問いただす事もできず、困惑する。
唯一の趣味である料理を通じた友人の一博と康文は、様子のおかしい陽平を心配するが、彼らの家庭も順風満帆ではなく……。
映画「恋妻家宮本」の原作なので、主人公の宮本が、阿部寛を想像して読んでしまいます。でも、内容はかなり違っていました。宮本夫妻の事は似ているけど、友人達の話や設定がかなり違いました。料理教室の仲間は、映画では女性だったし、小説の方は男たちのドタバタ友情物語という感じでした。いろいろなお料理が出てきて美味しそうでした。作者も料理好きなのかなぁと思いました。映画もすごく面白かったですが、原作も個性的な友人達が、良かったから、原作通りで、連続ドラマにしても良さそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック