悪なき殺人2021/12/22


悪なき殺人

「悪なき殺人」 新宿武蔵野館
吹雪の夜、フランスの山間の町で車だけ残して、エヴリーヌという女性(バレリア・ブルーニ・テデスキ)が失踪した。事件の犯人として疑われた農夫のジョセフ(ダミアン・ボナール)、彼と不倫関係にあったアリス(ロール・カラミー)、そして彼女の夫ミシェル(ドゥニ・メノーシェ)など、それぞれに秘密を抱えた5人の男女の関係が、失踪事件を軸にひも解かれていく。そして彼らが、フランスとアフリカのコートジボワールをつなぐ壮大なミステリーに絡んでいた事実が明らかになっていく。
幸せな人が出てこないのに、なんとも素晴らしい脚本でした。みんなが愛を求めているのに、報われないのです。いろんな人から見た失踪事件が、順に語られていき、ビックリする真相が浮かび上がってくるのです。偶然が織りなす奇妙な殺人事件でした。ハッピーさはないけど、面白かったです。最後に至るまで、唸りますね。
一見、オムニバス風の別々の話なのかと思うのですが、繋がりがっていきます。マリオン役のナディア・テレスツィエンキービッツが、かわいいです。


右の女性がナディア・テレスツィエンキービッツ。左は失踪したエヴリーヌ役のバレリア・ブルーニ・テデスキです。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック