物語る 遠藤彰子展2021/12/06



「開館30周年記念 物語る 遠藤彰子展」 平塚市美術館
遠藤彰子氏(相模原市在住)は、注目されている洋画家。
1947年、東京都中野に生まれ。幼少より絵に親しみ、武蔵野美術短期大学に学ぶ。1972年、女流画家協会展に出品した《楽園》がマツダ賞を受賞し、画家としてのデビュー。この頃から素朴で童画的な要素を取り入れた「楽園」シリーズが始まる。その後、1970年代後半から「街」シリーズが描くようになる。この1986年には「街」シリーズの《遠い日》で安井賞を受賞。
《遠い日》だけを見た事があって、他の絵を見たいと思っていました。NHKの「日曜美術館」でも前に特集されていて、大きい絵をたくさん描いているのは、知っていましたが、実物を見たら、誰もが圧倒されると思います。素晴らしい展覧会でした。私は「街」シリーズが好きです。魚眼レンズで写真を撮ったような感じの絵が多くて、外国のようにも、日本のようにも見えます。エッシャーやキリコの絵を思い起こさせるのです。現実ではなく、夢の中の風景のような不思議さです。
最近の作品は、壮大なファンタジーが、始まりそうな、見ていてワクワクします。



写真撮影できる絵もあります。大きい絵が多いから、写真では伝わりにくいですが、すごく細かく描き入れてあるのが多いです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック