tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!2021/11/26


tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!

「tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!」 ヒューマントラストシネマ有楽町
大ヒットミュージカル「イン・ザ・ハイツ」「ハミルトン」などの原作者として作詞や作曲なども手がけ、ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」では音楽を担当するなど、現代ミュージカル界を代表するリン=マニュエル・ミランダの長編映画初監督作。名作ミュージカル「RENT レント」を生んだ作曲家ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカルを映画化した。1990年のニューヨーク。食堂のウェイターとして働きながらミュージカル作曲家としての成功を夢見るジョナサン(アンドリュー・ガーフィールド)は、オリジナルのロックミュージカルの楽曲を書いては直しを繰り返していた。もうすぐ30歳を迎え、これまでともに夢を見てきた仲間たちも現実に目を向け始め、焦りを覚えるジョナサン。自分の夢に価値はあるのか、時間を無駄にしているだけではないかと自らに問いかけながらも、時だけが過ぎていき……。
「RENT レント」を映画で観て良かったので、日本での公演も観に行きました。それを作った人の話です。若くして亡くなっているのですが、成功を夢見て頑張る情熱が素晴らしいです。そして「RENTレント」は大成功をおさめ、何年も上演されるヒットミュージカルになるのです。その前のお話です。主役のアンドリュー・ガーフィールドは「アメイジング・スパイダーマン」を演じていましたが、こんなに歌ったり踊ったりするところは見たことなかったので、ビックリしました。
この映画の映像の作りが、とってもオシャレです。舞台と、現実の生活が切り替わったり、妄想?のようなシーンと現実をリンクさせたりします。歌詞も曲もすてきで、ジョナサン・ラーソンの才能を感じます。演じて歌っている人たちの、レベルが高くて、いろいろなミュージカルを一度に観ているように感じました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック