川瀬巴水 旅と郷愁の風景2021/11/16



「川瀬巴水 旅と郷愁の風景」 SOMPO美術館
大正から昭和にかけて活躍した版画家・川瀬巴水(1883-1957)の回顧展です。初期作品から、晩年まで、まとめて見れます。たくさん旅をして、日本らしい郷愁を誘う作品がいっぱいあります。旅のスケッチ帳もありましたが、かなり完成度が高い絵を、その段階で描いています。東京の風景もあって、当時の風景を知ることもできます。川瀬巴水の作品の魅力は、特に夕暮れだと思います。薄紅色に染まる空、夜の風景も良いです。雪もきれいです。
スティーブ・ジョブズも川瀬巴水作品のコレクターだった事で、知られています。来館者の中には、若い人も多かったので、もしかして、スティーブ・ジョブズをきっかけに、川瀬巴水を知った人もいるのかもしれないと思いました。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック