三千円の使いかた2021/11/18


三千円の使いかた

「三千円の使いかた」 原田 ひ香・著 中公文庫
就職して理想の一人暮らしをはじめた美帆(貯金三十万)。結婚前は証券会社勤務だった姉・真帆(貯金六百万)。習い事に熱心で向上心の高い母・智子(貯金百万弱)。そして一千万円を貯めた祖母・琴子。御厨家の女性たちは人生の節目とピンチを乗り越えるため、お金をどう貯めて、どう使うのか?
HOWTO本ではなく、小説です。姉妹、母、祖母の、それぞれのお金事情を交えつつ、しっかり面白い話になっていました。祖母の友達で、若い男の人の話もありました。読む人の年齢や立場によっても、共感するポイントが違うかもしれません。お金に関して、考えさせられます。
これから結婚するような人だったら、好きな人がお金持ちだったら、そりゃあ良いだろうけど、実際はそうでもない。生活が苦しくても、好きな人と結婚したいと思うのではないでしょうか。収入が全てではないし、将来性や真面目な性格の方が大切です。私としては、どの人にも共感はできないのだけど、楽しく読みやすい本でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック