狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南2021/11/08


狐憑きの娘

「狐憑きの娘 浪人左門あやかし指南」 輪渡 颯介・著 講談社文庫
川辺で侍の屍体が忽然と消え、目撃した子どもが次々と死んだ。一方、手習塾の師匠・良峻は狐憑きと噂される娘の弓枝と、夜中にうろつく怪しい人影に悩まされている。相談を受けた酒と怪異が好きな左門は、剣術師範候補の甚十郎に見張りを手伝わせるが、甚十郎はひどい怖がりで侍の霊に怯えている。さらに狐憑きと噂される弓枝と縁談話が持ち上がる……。
シリーズ第4弾にして、完結編。幽霊なのか、人の仕業なのか、怪談話が中心のシリーズなのに、なぜかほのぼのとした雰囲気が良いです。1巻目が読みにくかったけど、話に繋がりがありました。
時代物推理小説で、左門がなんでもお見通しなのです。まさにシャーロック・ホームズのような人です。作者の次の作品、古道具屋皆塵堂シリーズにも共通しているところもあります。怖くないのは良いですが、この話では子どもが亡くなっているのが、残念な気もしました。 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック