総理の夫2021/10/06


総理の夫

「総理の夫」 丸の内東映
政治家で少数野党の党首を務めている凛子(中谷美紀)と結婚10年目を迎えた鳥類学者の相馬日和(田中圭)は、ある朝、凛子から「もし私が総理大臣になったら何か不都合ある?」と意味深な言葉を投げかけられる。質問の意図がはっきりしないまま、出張に出かけ、ろくに電波の届かない孤島で10日間を過ごす。しかし、その間に世間は激変。凛子が日本初の女性内閣総理大臣に選出されていた。そのことで自動的に史上初の「総理の夫」となった日和は、微力ながらも妻の夢を全力で応援しようと心に誓うが、予想だにしない激動の日々に巻き込まれていく。
原作は原田マハの小説。ドタバタとしながらも気楽に楽しめる映画でした。でも、想像通り過ぎる気もします。2人の住む家がとても豪華で広い家なのですが、田中圭さんがそんなにお金持ちに見えなかったです。「おっさんずラブ」のように、いろいろと翻弄される役柄でした。ちょうど日本も新内閣発表されたりしています。まだ女性総理大臣の誕生はなかったですが、将来はあるのでしょうね。
中谷美紀さんの総理大臣は、凛としてきれいで良かったです。田中圭さんの職場や、家族の人たちは、ちょっと大袈裟で漫画っぽく演じていました。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック