拝啓 彼方からあなたへ2021/09/24



「拝啓 彼方からあなたへ」 谷 瑞恵・著 集英社オレンジ文庫
「おたより庵」と言う手紙に関する雑貨屋を経営している詩穂。中学時代に親友から、自分が死んだらこの手紙を投函して欲しいと依頼されていた。やがて、親友の死を知った詩穂は、約束を守ろうとするが、手紙にまつわる事件に巻き込まれていく……。
学校帰りの女子高生が大半のお客さんだけど、ちょっと怖そうな男性の常連客もいます。古い町屋を改装したお店で、レターセットやペン等、手紙のための雑貨を売っている店、和風な雰囲気そうで良さそうです。手紙がたくさん出てきますし、詩穂の手紙愛が強いです。面と向かっては、話しづらい事も、手紙に書くと素直になれます。
手紙をめぐる事件や、詩穂の元カレ(威圧的な人です)、親友の死の真相など、いろいろ出てきて、ミステリーっぽくなっていました。結構、面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック