83歳のやさしいスパイ2021/07/24


83歳のやさしいスパイ

「83歳のやさしいスパイ」 シネスイッチ銀座
妻を亡くして新たな生きがいを探していた83歳の男性セルヒオ(セルヒオ・チャミー)は、80~90歳の男性が条件という探偵事務所の求人に応募する。その業務内容はある老人ホームの内定調査で、依頼人はホームに入居している母が虐待されているのではないかという疑念を抱いていた。セルヒオはスパイとして老人ホームに入居し、ホームでの生活の様子を毎日ひそかに報告することなるが、誰からも好まれる心優しい彼は、調査を行うかたわら、いつしか悩み多き入居者たちの良き相談相手となっていく。舞台となった老人ホームの許可を得て、スパイとは明かさずに3カ月間撮影されたドキュメンタリー。
主人公セルヒオが、良い人そうで、おばあちゃん達の話をよく聞いてあげていました。認知症の人にも、誠実に対応していました。老人ホームは、なかなか良い環境に見えました。多分チリの老人ホーム。ぼーっとしてる人も多いけど、みんな思い思いに自由にゆったりと過ごしています。大きな事件もないけど、入居者の気持ちがわかります。でも、ちょっと眠くなってしまったなぁ。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック