奇跡のバックホーム2021/05/24


奇跡のバックホーム

「奇跡のバックホーム」 横田 慎太郎・著 幻冬舎
元阪神タイガースの横田慎太郎。今後が期待される選手だったが、プロ4年目で脳腫瘍の宣告。18時間に及ぶ大手術、復帰をめざして、立ち向かい、努力を重ねるも、視力が回復せずに、24歳での引退。
ジャンクSPORTS等でもやっていたから、知っている人も多いと思いますが、ボールが二重に見えるのが、どうしても直らなくて、プロ野球選手の道を断念したと言う横田選手。涙なしに読めない本でした。1軍の試合で、東京ドームに出ていた姿を直接見る事ができたので、良かったです。あの時は、病気になる前だったのだなぁ。子どもの頃から、野球ばかり、本当に努力家で野球が大好きな少年だったのが伝わってきます。お父さんもプロ野球選手だったそうです。なんとしても復帰して、背番号24を取り返すと心に誓い、辛い治療やリハビリに耐えたのがよくわかりました。球団からも、チームの仲間も、監督やコーチからも、可愛がって貰って、人柄も良いのかと思います。真面目に努力をしているのを近くで見ているからでしょう。引退試合には、2軍の試合にもかかわらず、たくさんの選手や、矢野監督も駆けつけています。多くの選手や監督たちのエピソードも知る事ができました。
その引退試合で、センターを守った横田選手が、二重に見える目で、ボールをキャッチし、タッチアップを狙う相手チームの本塁生還を阻止するバックホームで勝利に貢献しました。引退試合でのベストプレーが、奇跡のバックホームと言われています。
引退後にまた別の場所に腫瘍がみつかり、治療していたけど、今はまた元気になったと聞いています。まだ若いので、これからは幸せになってほしいです。

やすらぎの森2021/05/25


やすらぎの森

「やすらぎの森」 シネスイッチ銀座
カナダ・ケベック州、人里離れた深い森にある湖のほとり。その場所にたたずむ小屋で、それぞれの理由で社会に背を向けて世捨て人となった年老いた男性たちが愛犬と一緒に静かな暮らしを営んでいた。そんな彼らの前に、80歳の女性、ジェルトルードがやって来て、一緒に生活するようになる。彼女は少女時代の不当な措置により精神科療養所に入れられ、60年以上も外界と隔絶した生活を強いられていた。受け入れられたジェルトルードは新たな名前で第二の人生を踏み出した。日に日に活力を取り戻した彼女と彼らの穏やかな生活。しかし、そんな森の日常を揺るがす緊急事態が巻き起こる……。
お年寄りだけの話ではないけど、見に行く人は、年齢層が高めかもしれません。自然豊かな場所で、人との距離をとった生活。でも行こうと思えば街に行けるし、必要な物資を運んでくれる人もいます。湖で毎日のように泳いで、気持ち良さそうでした。新しく加わったおばあさんは、まだメンタルに問題あるかもしれないけど、親切にされて、英気を養っていきます。想像していた話とはちょっと違っていました。最期の過ごし方をどうするか、考えさせられます。

★★★★☆ 4- 

交流戦スタート 巨人vs楽天2021/05/26




ゴールデンウィークに野球観戦する予定が、延期になったり、無観客試合になったりで、観戦に行けなくて残念に思っていましたが、25日交流戦に行ってきました。
阪神ファンなので、巨人が負けた方が良いかと初めは思っていたけど、セ・リーグが弱いと言われるのは、悔しいですし、巨人戦をよく見ているせいか、気がつくと、巨人を応援していました。結果は巨人9-4楽天でした。
夕食は“メルヘン”のサンドイッチ。

明太子とベーコンの梅納豆すぱ2021/05/27



銀座“すぱじろう”の明太子とベーコンの梅納豆すぱ。5月のおすすめすぱで、期間限定です。ベーコンと納豆?梅?明太子?どんな味かなと思ったけど、美味しかったです。定番メニューにまでしなくても良いけど、これはこれでアリだなと思いました。

雁の宿 隅田川御用帳12021/05/29



「雁の宿 隅田川御用帳1」 藤原 緋沙子・著 光文社文庫
自らの藩が取り潰しとなり浪人となった塙十四郎。ある日、襲われていた元幕閣の大物を助けたことをきっかけに、縁切り寺「慶光寺」の御用宿「橘屋」に雇われる。さまざまな悩みや問題を抱えて駆けこんでくる女たちを救うため、十四郎と橘屋の女将・お登勢たちが奔走する。
シリーズもの1巻目です。藤原緋沙子のデビュー作だそうです。主人公は男性の十四郎ですが、剣の腕が立ち、人情に熱い人のようです。永代橋近くの宿が舞台です。前に読んでいた今井絵美子の立場茶屋おりきシリーズや、平岩弓枝の御宿かわせみシリーズも好きですが、宿が舞台なのが多いのでしょうか。今回の作品は宿の仕事よりは、駆け込み寺へ相談に来る事に対応するのが中心のようです。命がけの戦いも多くて、時代劇を見ているようです。面白かったので、これから読み進めていきます。

ローズメイカー 奇跡のバラ2021/05/30


ローズメイカー 奇跡のバラ

「ローズメイカー 奇跡のバラ」 ヒューマントラストシネマ有楽町
フランス郊外で父が遺した小さなバラ園を経営する頑固者のエヴ(カトリーヌ・フロ)。人を雇う余裕などなく、倒産寸前に追い込まれたバラ園に、職業訓練所から派遣された3人の素人がスタッフとして加わることとなった。しかし、バラに関して何も知らない彼らはエヴを手助けするどころか、足を引っ張ることに。そんな中、エヴは世界初となる新種のバラの交配を思いつき、バガテル新品種国際バラ・コンクールに挑むことを決心するが……。
要は経営が行き詰ったバラ園が、一発逆転をかけて新種のバラ作りに挑むという話です。フランス映画にしてはわかりやすい展開です。シンプルなストーリーながら、人と人の繋がりが、良い話になっていました。初めは、主人公のエヴが、自己中で強引な人だと思っだけど、だんだん他人を思いやるようになってきます。初めは、バラに興味がなかった従業員たちとも協力していきます。笑える所もあるし、シャレたメッセージを送るところもありました。バラもきれいでした。

★★★★☆ 4

日本遺産記念の消印他2021/05/31




上の6個は、鳥取県の日本遺産記念の消印です。似たように見えますが、ちょっとずつ違っています。