ステージ・マザー2021/02/27



「ステージ・マザー」 TOHOシネマズシャンテ
テキサスに住む主婦のメイベリン(ジャッキー・ウィーヴァー)は、息子の訃報を受ける。疎遠になっていた息子は、ドラァグクイーンで、サンフランシスコでショーを見せるバーを経営していた。店の権利は母であるメイベリンのものとなるが、経営は上手くいってない。戸惑いながらも、愛する息子が、遺した店の再建に立ち上がる。
共同経営者で、リッキーの恋人だったネイサンや、他のドラァグクイーンの仲間は、メイベリンに初めは反感を持っているようだったが、教会でコーラスを指導していたのを生かし、ショーをテコ入れ。みんなの問題にも、向き合っていく。
テンポ良く、次々と問題を解決していくだけでなく、出会ったばかりの男性からも、好かれてしまう、トントン拍子過ぎる気もしました。旦那さんとの関係や、息子とのいきさつが、あまり掘り下げてないです。
ショーは、店の中の小さな舞台ですが、歌が上手かったです。メイベリンのおかげで、みんなが幸せになっていくようで、全体の辻褄を合わせるには、工夫が必要だけど、楽しい映画でした。ショーが良かったです。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック